2014年4月20日日曜日

ICカード

消費税が8パーセントになって半月。私鉄を使う私は、ICカードと切符購入との額が変わるのが気になっていました。
10円単位の切符はこども料金で2枚買うと単独乗車よりも少し高くなります。
けちけちした話しですが、塵も積もれば山となるとも言いますので。

早く調べればよかったのですが、最寄りの鉄道会社はその点をきちんとホームページに掲載していました。
介助者と障がい者のICカードがそれぞれあれば大丈夫とのこと。
障がい者手帳を持っていればICカードで乗り降りできるとのことでした。

やってみると切符を買うよりも、私も介助者も双方楽。
大変なのは降りるときに処理する改札の駅員さん。

メトロのホームページにはICカードでの介割の使用について何も記載がなかったのですが、よく説明したら使うことができました。

JRは?と思いましたが、よく考えたらJRは10円未満切り捨ての切符なので、切符を買うほうが安いんだと気がつきました。

ICカードと切符代の整合性は、次の消費税率あっぷのときでしょうか。

聲の形

「聲の形」と言う映画を、ようやくレンタルして来ました。 一昨年だったでしょうか、板橋イオンシネマのロビーに、公開の半年前ぐらいからチラシがずっと置いてあって、「観たい」と思っていながら観はぐれたアニメ映画です。 軽い気持ちで観始めました。夜遅かったので、一時間ぐらい観たら一...