2014年2月6日木曜日

終わりのない歌

ROGUEというグループを私は知らなくて、この歌も初めて聴いたけれど、

ごく普通の環境のなかで生きてきて、音楽も成功して、社会の中であたりまえのように波にもまれながら暮らしてきた方が、その感覚のまま施設で暮らしていくということは、どんなふうに感じ、せいりをしながら生きているのだろうと、

私はそんなことを思いながら、すてきな声を聞いていました。

この歌、歌えるようになりたいな。

終わりのない道を私たちは歩いて、それはどんな生き方であっても、自分が幸せを感じているならそれでいいんだな。

私も、私の道を。普通に、普通に。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...