2013年12月31日火曜日

大晦日

大晦日は、心の大そうじの日でした。
抱えていたことが言えたし、受けとめてもらえた気がしました。
受けとめてくれた人は、私が放った言葉の意味の半分もわかってくれていないような気がしますが、そんなこと今の私にはどうでもよかったのです。
 今はもうこんなにお互い生きてきた年月が流れ、今伝えておかなくては後悔するかもと言うことだけだったから、本当によかった。
 たくさんたくさん助けが欲しかった、小さい頃。
 あの時に、本当は親身になって欲しかったけれど。
 その時起きていた問題は、当時も話したからと言って解決できたとは思いませんが、その頃の出来事が、その後の人生に影響したのは確かだし。

そのひとつひとつに、できれば興味を持って欲しかった。
こどもの日常生活を施設で働く人たちに全て託して欲しくはなかった。
なんらかのかたちで、知る努力をして欲しかった。

そういう気持ちが、言葉になりました。
感情的になってしまったかも知れません。

小さい頃のいろんな出来事を精算できたように思います。
何があったとか、そういう具体的なことはもう話さなくてもいいけれど。

やっぱり、低学年の頃までは、どんな理由があっても親子はコミュニケーションをとろうとすることが必要なのだろうと、今も思います。

今頃精算。
そう今頃精算。

48歳のおばさまになったのに。

でも、精算できる機会に恵まれてよかったです。

そしてもうすぐ新しい年。

今年もお世話になりました。
このブログを読んでいただいて、ありがとうございましたm(_ _)m
よいお年をお迎え下さい。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...