2013年12月3日火曜日

神経のない歯

神経のない歯は、もろくなりやすい…。

昨年割れた歯がおかしくなり、再度歯医者さんに行くことになりました。
思っていたことと違って、補修箇所じゃないところが割れたみたいです。

かみしめ恐るべし。アテトーゼ恐るべし。
そして神経の抜いた歯はもろい。

でも神経通っていたら、昨年みたいにひどいことになっていました。

なおしてもらって、またごはんが安心して食べられることがとてもうれしい今夜です。

そう言えば、歯医者さんの帰り、地下鉄の車内で、みしらぬおじいさんに杖でこづかれました。
車いすの足台を。
「どけ、おら」と。
そろそろとゆっくりバックをして(車内は人が立っているので)、事なきを得ました。

難しい方はどこにでも。という風に処理をした私。
昔はすぐに怒りが燃え上がっていたけれど、少しはやり過ごせるようになったかな。

とにかく、今晩の夕飯も、おそいランチだったカレーも、格別でした。


全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...