2013年12月1日日曜日

そう決めていても

自分がそう決めていても、どうしてもその方向にいかないこともある

昨日、久しぶりに会いに来てくれた飲み友が、言ってくれた言葉。

そのときに、どう生きられるか。


そうだよな。

私は、ある方向性は持ちたい。そしてそれを見据えながら、日々出来ることに取り組みたい。
今生でそれが叶わないとしても。

でも、飲み友の言葉は、「ああ、今が変わってしまったとしても、生き抜いていく道はある」と教えてくれたような気がしています。

見栄も名誉も野心もプライドも捨ててしまえば、生き抜くことだけを目標にいきていけば、どんな形であっても私は生きていけるのかも知れません。
いざとなったら、這いつくばってでも生きていこう。
そうしよう。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...