2013年11月7日木曜日

やばいよやばいよ〜

朝起きて、来て下さった方にいつものように
「おはようございます」と言い、
トイレの介助をしてもらったあと、
携帯の時計をみたらナント9時半!!!
見間違えたかと思ったけれど、残念ながらめったに携帯の時計は壊れません。

介助の方がいらしても、1時間半も気付かずに眠っていた私。
20年この暮らしをしてきたけれど、こ、こんなことは初めてだ〜〜

やばいよやばいよ〜
気付かないなんて!!!

ああああ、やばい

と言うわけで、朝目覚めたら、介助の方が入ってくる部屋で休んでいようと心に決めたわたくしでありました。
そして携帯の目覚ましをかけることに。

時計のないところで眠っていたのも原因なんだけれども。

ほんとにやばい。

でも、よく寝ました。

明け方の夢

なんだかわからないけれど、突然ある男性から、逢わないか、と言われました。なんでこんなかっこいい人が私なんかに会いたいのだろうと、少しウキウキしていると、しばらくしてから見知らぬイケメンの(というか好みの)男性から、同じ時間にデートの申し込み。 こんなことってあるの??と思いなが...