2013年10月1日火曜日

SMAP

昨日書こうと思っていたことですが。
昨日、訃報のメールをいただくまで、SMAPの生放送を見ていました。

その中で、震災で結婚式が出来なかったご夫妻の、サプライズ披露宴企画があって。
あたらしいドラマが各局で開始する今の時期、めずらしく気になるドラマがあり、途中でチャンネルを変えるつもりで見ていたのだけれども。

なんだか夢中になってしまって、披露宴の様子を最後まで観てしまったのでした。

その場にくるだけで、大勢の方々をしあわせなきもちにしてしまうなんて、すごいことだなと、純粋に思ってしまったのです。

観ている私も幸せで。

ないしょでビストロした料理を披露宴参加者全員がたべて、「SMAPがつくったんだ…」なんてあとから知って多くの人たちがうれしくなるなんて、なかなかそんな思いにする人はいない(少なくても私にはそう言うオーラはない(^^;))
大ファンではないけれど、というかそんなにファンではないけれど、なんか純粋にいい時間だったのです。

昨夜亡くなられたM氏も、人を安心させるような、優しさを感じる方でした。
ずっと年上の方なのに、近づくことができる方でした。
一般の社会の中では、話題にならないのかも知れない、社会的に表彰もされなければ、マスコミの話題にもおもったほどならないのかも知れません。
その方が障害を持つ私たちのためにどんなにつくされたかは,計り知れないことなのですが。

私のなかでは、ノーベル平和賞ものなんです。


誰かのためにつくしていく姿勢というものを,みせていただいた気がしています。

私も、ちゃんと、というか、私らしく目的を持とう(^_^)
いのちの時間は、無駄にしないように。
今の私は人にはあまりつくせる人間ではないけれど、いつかこころからつくすことを楽しめるひとになることを目指そう。
何度も何度も誓っていることだけれど、また再度ここでも。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...