2013年9月8日日曜日

その先に続く道

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが決まりましたね。

パラリンピアンの佐藤真海さんのスピーチや、フェンシングの太田さんのスピーチを聞いて、
東京で開催されるということが「生きる活力」になる
日本が元気になる

と感じる方が確実にいらっしゃるんだよなあ、と改めて思いました。

本当の意味で、このことが世界に向けての一歩になって欲しい、

うまくいかない震災後の立て直しも、政治も、原発への考え方も。

などと、よくばりすぎかしら。

世界に恥ずかしくない、日本のあり方とはどういうものか。
近隣諸国と関係を深めるということがどういうことなのか。

7年後の日本が、真のおもてなしを示すことの出来る,豊かな心をもった国でありますように。

私にできることは何だろうな。

リアルタイムでスピーチを聞かなかった私が出来ること。
今ひとつ蚊帳の外の私が出来ること。

7年後の私は,どんなことを考えて生きているんだろ。《くだけた表現》
何が出来ているんだろうな

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...