2013年4月13日土曜日

ひとつひとつ解決していけばすむことなのに、不安の波は寄せ来るようにやってきます。

いえがみつからないときは、「見つかるのかしら…」
みつかったときは、「契約できるかしら」
契約が延びたときは「本当に引っ越せるのかしら」

ほかにも
「引っ越していいのかしら」「行政とうまくいくかしら」「引っ越し業者決まるかしら」
あげくに
「引っ越し業者は本当に来てくれるのかしら」

こうした不安の原因を見てみると、とりあえず待つことが必要なものだったり、やってみなければわからないことだったり。
私の経験不足からの不安が多いように思いました。

今は
「介助時間の支給量今月決まるかしら」(申請したのでぜったい決まるのに…)
「決まらなかったらどうすればいいかしら」(だから決まるって!!)

ビビリーハートは今夜も続きます(>_<)
強くなりたい。でもそのためには経験が必要なんだよね。
いつかいつかいつか、自分のことでストレスをためない心になってやる(^_^)

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...