2013年3月16日土曜日

おそうじ日和

新しい家のぞうきんがけ。
家の中をよく見てきました。

和式のトイレ
網戸のない窓
こわれやすそうなガラス戸
寒そうな冬

課題多し。ひとつひとつ解決してみます

和式のトイレ、かぶせる洋式便座ではなくて、もうちょっとクッション製のいいものを探しています。(今の時代あるのかな。昔はありました。実家で使っていました。)

あたらしいことは、やはり怖いみたいです。
本当はもっとわくわくしていいのに。

ちょっとさびしくて、ちょっと悲しい。これはたぶん、過去のネガティブな感情。
自分で選んだはずの地域なのに、なぜ越す決心をしたのだろう。
ここで暮らした10年間。思い出になった一日一日。

でも戻りたくないので、悔いはないようです。

怖いのは、きっと今の生活も幸せだから。
恵まれている環境だとわかっているから。。
手放すのが怖いのです。

なぜ手放すのか。
それは、もっと幸せを感じたいから。

心を寄せる人たちに私ができることをさがしたいから。
できることをふやしていくことで、生きていることを感じたいから。
今よりももっと。

私は欲が深いです。
でも、生きるための欲ならば、あっていいのかも知れません。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...