2013年3月13日水曜日

29歳の自分と出会う

友人に貸したままだった雑誌が、昨日戻ってきました。
貸したことさえ忘れていました。

そこに写り混んでいたのは、29歳の自分。
自立生活を始めて一年たった頃の、パーマをかけた私が、友だちと話すように語っていました。

書くことを大切にしていた自分。
仕事に意欲的だった自分。
なんだか生意気で、手前味噌ですがはつらつと表されていました。

あれから、いろんなことを知って、今があるけれど、
原点に戻してもらった感じです。

良いライターの人に出会って、良い記事を書いてもらっていたんだな。

もうひとつの再発見は、私はナルシストだということ(*^_^*)
過去の私に出会えて、悪い気はしなかったのです。

やはり、この自己愛の強さを、じぶんいがいのところに広げねばねばネバダー

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...