2012年5月7日月曜日

なにげない行動で

今日は六義園に森林浴に。
本を読もうと思い、自宅では気分が変わらないので外に出たのでした。
六義園は今新緑が美しく、昨日の嵐のあとでみどりが一段と香っていました。
お気に入りの場所で本を開いていたら、なぜか眠ってしまったのでした。

疲れていたわけでもないのに。変だ。

最近、なにげない一言や行動で、人の気持ちはゆれてしまうものなのだなあと言うことを改めて感じています。
だからこそ考えることやその人の立場に立つことが大切なことで。
ひとつの行動で心が離れて行くことがあり、近づくことがあり、
これが自然な営みなのかも知れません。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...