2011年7月17日日曜日

シルク・ド・ソレイユ

実際に行けるということは最高なこと。
サーカスというより、アーチストによる芸術でした。
パフォーマンスも演奏も歌も。

友だちに感謝です。
どんなにそれがいいかはなしてくれたから、行く気になったのでした。
幸せな時間でした。ちょっと寒かったけれど。

2011年7月10日日曜日

駅長さんとの話

某駅の駅長さんと先週ちょっとお話をしました。

2週間前にその駅の改札を通ったとき、障害者手帳提示を求められたからです。
いつも使う駅で、対応もよかった駅なので、突然の手帳提示請求は違和感を感じたのでした。

この時期になると研修を終わったばかりの駅員さんが対応するようになります。なのでこの時期になるとちょっと嫌な思いをする知人が多くなります。

手帳提示は介助者分との割引切符を買うときなどに提示を基本としていますが、改札で求められることはあまりありません。

私が気分を害したのは、いつも使っていて関係性が深い駅という認識で伺ったら、見知らぬところに来たように障害を持っているという事実確認をされたから、ということでしょう。

人の心は、マニュアルどおりにはいかないものです

幸い駅長さんはきちんと話を受けとめて下さいました。
ありがたかったです。
できれば気持ちよく駅は使いたいものですものね。

2011年7月1日金曜日

ついつい

だれかに期待してしまう、私の心の弱さ

今日は、なかなか根気が続きません。
書き物もすぐ飽きるし、勉強もしたくないし。
今月は試験月。今からだれてはいけません。

だれか助けてくれないかな と、これは他力本願。
こういうなんとはない日が、いちばん孤独を感じやすいみたいです。
まだまだだな 私
だいたい、何を助けてほしいのやら…

にわか雨があがってきました。
さあ、夜になる前に、何かをやりましょう。

とりとめもないことで失礼いたしました。

好きな歌詞 ーートモエ学園ーー

福山さんの歌は、好きな歌もあるけれど、あまりハマらないのですが、この歌はとても好きです。 「窓際のトットちゃん」の本も好きだったけれど、トットちゃんの世界を別にしても、とても心にしみる詩です。 子供目線が少し入るから、優しくわかりやすい詩になっています。 いい先生や、友...