2011年6月7日火曜日

明日

明日、
もう現実的には、はなすこともできなくなった知人と、最期の別れをしてきます

友だちを見送るという不思議な感じを、今更ながら味わっています。

いろんなことを学んだ今であっても、悲しみや寂しさが突如なみのように心をおそいます。

だからといって、何か後悔があるかといったら、そんなことはありません。

明日何を私は感じるのでしょう。ここに書くのか、それとも一人黙って整理をつけるのか。
きっと明日の私が決めることでしょう。

聲の形

「聲の形」と言う映画を、ようやくレンタルして来ました。 一昨年だったでしょうか、板橋イオンシネマのロビーに、公開の半年前ぐらいからチラシがずっと置いてあって、「観たい」と思っていながら観はぐれたアニメ映画です。 軽い気持ちで観始めました。夜遅かったので、一時間ぐらい観たら一...