2011年3月2日水曜日

私ったら

小指をけがして3週間。今日、病院で2週間ぶりにシーネを交換しました。
お医者さんいわく
「レントゲンで見ても、本当に治っているかわからない」
なので、触診。

先生は小指の付け根に近い方をなぜかさわります。えっ、痛めたのはもっと真ん中あたりだと思うんだけど。
「ここ、痛くないの?」と先生。
「えっ、先生、痛めたのはもっと先でしょ」
「位や、ここだよ。レントゲンで確認しているから間違いないと思うよ」

えーーーーっ
えーーーーっ

もしかして私、三週間も、自分の怪我したところを勘違いして憶えていたってことですかっ。

どおりで。
指の付け根近くだったら、指を曲げて固定した方がいいと納得するし。
極力使わないようにすると言うことも、大げさに固定したこともすごく納得。

レントゲンを見て、てっきり小指真ん中の怪我だと自分で思い込み、あえて
「この箇所は指のどこですか」
と質問しなかったのは誰でもない私です。

はずかしいやら おかしいやら

はい。お医者さんの行動はすべて納得。

痛めた箇所はもう痛くはなかったのですが、もう一週間固定することになりました。

恐るべき思い込み。そして人生はやはりギャグマンガのようだと改めて思いました。

そして、改めて痛めた箇所がうずくような気がしてまいりました。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...